3000日かけて完成した極上ハンバーガー

いまではすっかり「コーヒーの街」と知られる清澄白河。
3000DAYS BURGERの前身となる「Cafe&Bar Field」は、まだブルーボトルコーヒーもオープンしていない頃にこの辺りでは珍しいハワイアンテイストのカフェバーとしてスタートしました。

東京都現代美術館

当時は土日に東京都現代美術館に訪れる少しのお客様と、近隣住民の方々に静かに愛される小さなお店でした。
その当時からFieldにはどうしても作り出したい生み出したい想い出の味がありました。それは創業者の岩元がバックパッカーとして世界中を旅していた頃に出会った味でした。

ニューヨークのCorner Bistro

ニューヨーク市、マンハッタン南部にあるウェスト4th ストリートとJane streetの角にあるCorner Bistro。
そこは地元ニューヨーカーたちに愛され続けているレストランとして知られ、昼間から常連のおじさんたちがビール片手に熱く語り合う温かい雰囲気に包まれたお店でした。
Corner Bistroを訪れた岩元はニューヨークで一番とされるハンバーガーを口にし大きな衝撃をうけました。それは当時の日本ではまだ一般的ではなかった本物のグルメバーガーの味でした。
派手さはなくとも、バンズ、パティどれをとっても日本では決して味わうことができない美味しさでした。岩元はカフェバーFieldの営業を続けながら、体を休める時間を削り、ハンバーガーの試作を何度も何度も続けました。
近づけたい味はあのときに食べたシンプルで優しいバンズと、肉肉しいまるでステーキを挟んでいるかのようなパティの味でした。

衝撃のハンバーガー

何種類ものスパイスを複雑に入れてみたり、個性的な食感を作るため合い挽きにしてみたり、肉汁を出すために脂を混ぜてみたりもしました。ソースにもこだわり、何度も足しては引き、引いては足しながら改良を重ねました。
そして8年の歳月をかけ、やっとの思いで3000DAYS BURGERのハンバーガーが完成しました。
この8年間のあいだにはお店の経営が非常に厳しいときがありました。それこそハンバーガー開発の努力を止めてしまうくらい苦しい時もありました。それでも諦めず続けることができたのは、ニューヨークで感じた驚きと感動があったからです。

3000DAYS BURGER 名物!極上肉づくしバーガー

私たちのハンバーガーは、Corner Bistroの味とは異なるかもしれません。
逆にCorner Bistroの『味』だけにこだわれば、8年もの歳月はかからなかったかもしれません。
Corner Bistroに近づけたかったのは、味だけではなく、お客様に驚きと感動を与えることでした。
8年間、3000日という歳月は、それを追い求めた日々でもありました。
当店の名物である極上肉づくしバーガーは、たくさんのお客様に驚きと感動を与えていると胸を張って言えます。
私たちはこれからもお客様に驚きと感動を与える料理を追求していきます。
私たちのこれからの3000日にご期待ください。

2022年3月

PAGE TOP